スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊藤美華

 人気シリーズ「完全なる飼育」の第6弾「赤い殺意」(18日公開)のヒロイン役に抜擢された新人、伊東美華(23、写真左下)が大胆演技で注目されている=写真右。
 長崎・佐世保市出身。中学、高校とバレーボールで鍛えた168センチ、85・58・84のプロポーションで卒業後は地元でモデルをしていたが、「お芝居のレッスンを受けているうちに、女優になりたいと思うようになった」と昨年12月、上京。知人の紹介でタレント事務所に所属した。
 そこで出会ったのが、“ピンクの巨匠”といわれるベテラン、若松孝二監督(68)で、7年ぶりにメガホンを取った同作のオーディションに誘われたという。
 物語は、小学生のときに誘拐されて十数年、犯人(佐野史郎)との監禁生活のなかで殺人犯(大沢樹生)と出会い、“女”へと成長・自立していく姿を描く。
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://affilibooksblog.blog94.fc2.com/tb.php/70-329f4b02

FC2Ad

web/温泉トラフグ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。